高い血圧は食事で下げる|毎日の工夫で快適ライフを維持する

介護

制限食の改善の動きと今後

看護師

味と量の改善が進む制限食

重症の腎臓病を持っている人が食べることになることが多いタンパク質や塩分などの制限を受けた食事はおいしくなくて少ないというのが一般的です。病院にいて提供される制限食はとても食べられないという人もいて、隠れてお見舞いの人に持ってきてもらった食事を食べるということもあると言われています。しかし、そういった制限食にも改革が起こっています。特に顕著なのが味の改善です。おいしい食事が食べられるというのは生活を楽しんでいく上で重要なものであるという観点から、栄養士を採用しておいしい制限食を提供することをモットーとする産業が展開されるようになってきています。量についても低カロリーでかさの張るもので満足できるようにされており、腎臓病の患者から高い人気があります。

いつでも手に入る制限食

現在の状況としておいしくて量のある腎臓病の患者のための食事は宅配サービスを利用して手に入れるというのが一般的です。価格を下げるために予約制や定期便となっていることが多く、今すぐに欲しいというときには手配がそれほど容易ではありません。しかし、腎臓病を患ってしまって食事制限を受けることになってしまう人も多くなってきていることから、いつでも電話やメール一つで制限食が手に入るサービスが展開されるようになっていくでしょう。需要が高くなれば安価に簡単に提供できるサービスとなるのは明らかであり、今後の社会においては必要とされるサービスとなることは間違いありません。腎臓病の原因となる糖尿病や高血圧などの患者が増える現代だからこそ予想される今後の制限食のあり方です。